香港航空|タイまで乗り継ぎ|予約と座席指定

香港航空|タイまで乗り継ぎ|予約と座席指定

2018年12月にタイ旅行で香港航空を利用しました。ありです!
LCCではありませんがメジャーな航空会社ではないので不安もありました。
実際にタイまで乗り継ぎで行ったので、予約からその時のようすをまとめたので参考にして下さい。


香港航空とは

香港航空は2006年に設立された香港の航空会社です。
LCCではありません。
また、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームのどのアライアンスにも加盟していません。
札幌、大阪、鹿児島、東京(成田)、沖縄、岡山、米子に就航しています。

>> 香港航空公式サイト

予約

今回は2018年年末から2019年にかけてタイはバンコクの旅行で利用しました。
予約はホテルと航空券を一緒に予約すると割引があるエクスペディアで予約を行いました。
特にむずかしい内容は無く予約が取れました。


取れたチケットはこちら
乗り継ぎ時間は行きが(3時間半)、帰りが(2時間)と丁度いいスケジュールです。

往路     便
行き 成田(第1) 9:05 香港(HKG) 13:30 HX611
香港(HKG) 17:00 バンコク 19:15 HX765
帰り バンコク 3:20 香港(HKG) 6:55 HX762
香港(HKG) 9:15 成田(第1) 14:30 HX608

 

座席指定できない?

香港航空の座席指定はオンラインチェックイン時に行えます。
オンラインチェックインは出発の48時間前から90分前までになるので自宅から出発前に指定が可能です。
わたしはエクスペディアでチケットを予約しましたが、予約時に行きの成田-香港間だけ座席指定をすることが出来ました。
もちろん無料です。

しかしこの座席は最終確定ではなく、空港でのチェックイン時または、オンラインチェックイン時に最終座席が確定します。
わたしの場合は成田空港でチェックインしましたが、エクスペディアで予約した座席が確保出来ました。

・エクスペディアの予約内容


・チェックインで確定した座席

手荷物は20キロまで

わたしはエコノミー利用でしたが、20キロまで無料でした。
ビジネスは30キロまで大丈夫のようです。
このあたりはLCCと違っていいですね。
しかし、超過手荷物は1キロ当たり、10US$~20US$の増額がかかるので気を付けて下さい。


   出典:香港航空公式サイト:受取手荷物超過料金

機材はエアバスA330

成田-香港-バンコクまでの2便はA330-300で座席は2-4-2でした。
ちょっと古い感じはありますが機内食も付いてモニターあり、足もとも広かったので十分だと思います。
写真は撮れなかったのですが、機材と主な装備です。

・Airbus A330-300
・座席:2‐4‐2
・10インチディスプレイ
・紐付きリモコン
・USBポートあり
・ドリンクホルダー 
・フットレスト

遅延なし

今回の旅行では往復で遅延なしでした。
全ての便が定刻通りで、乗り継ぎ時の香港空港ではスタバでゆっくりすることができました。

まとめ

LCCとは違う安心感がありました。
手荷物、座席空間、機内食、欠航や遅延時の補償などを考えると香港航空はありだと思います。
あとは運賃とのバランスだと思いますが、繁忙期だとほとんどの航空会社も運賃が高騰するので、LCCはちょっと不安。でも安くしたいと思っているかたは検討の余地ありだと思います。



香港国際空港での乗り継ぎ、押さえておくポイント

 >> 香港国際空港|乗り継ぎ|案内|押さえておくポイント