エクセル|関数編|エラーが発生した時の対処|IFERROR

エクセル|関数編|エラーが発生した時の対処|IFERROR

エクセルを使用していると数式や関数でエラー(#DIV/0!、#VALUE!、・・・)が発生し思った通りにならない事はありませんか。
IFERROR関数はエラーを検知しエラーが発生した時の対処をすることができます。

 

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

引数

1.
  エラーであるか調べたい数式又は参照を指定する
  例)A1/B1、VLOOKUP(・・・)

2.エラーの場合の値
  エラーの場合に返す値
  例)FALSE、”エラーあり”

 

エラーの種類

IFERROR関数は全てのエラーを検知することはできません。検知できるエラーは以下の一覧になります。

エラー値 内 容
#VALUE!
関数の数式に問題があるか、参照先のセルに問題がある
#DIV/0! 数値がゼロ (0) で除算された又は、関数や数式の除数がゼロである
#N/A 数式で参照の対象が見つからない又は、正しい結果を求める事が出来ない
#NAME? 数式や関数の名前に間違いがある
#NULL!

数式で正しくない範囲演算子(#)を使っている
参照演算子(半角空白)が間違っている又は、指定した2つのセル範囲に共通する部分がない

#NUM!

数式または関数に無効な数値が含まれている又は、 正しい結果を求める事が出来ない

#REF!

数式が無効なセルを参照している

 

IFERROR関数の使い方

IFERROR関数は数式や関数の結果がエラーだった場合にエラーとせず、期待する値を返すことが出来ます。

 

数式の場合

例として除算でエラー(#DIV/0!)が発生した場合の対処をしてみたいと思います。
エラーが発生した時に次の3パターンの対応を行ってみます。

1) 数値を返す

2) 文字列を返す
3) 空白を返す

① 売上月(C2)をゼロ(0)で除算しエラーを発生させます。


② #DIV/0!のエラーが発生していることを確認


③ IFERROR関数を使い、数値、文字列、空白の値を返す。
1) 数値(0)を返す

 [結果]


2) 文字列を返す


 [結果]


3) 空白を返す


 [結果]


関数の場合

例として関数名のエラー(#NAME?)が発生した場合の対処をしてみます。

エラーが発生した時に次の2パターンの対応を行ってみます。

1) 文字列を返す
2) 空白を返す

① 関数名を間違え(COUNTC)エラーを発生させます。


② #NAME?のエラーが発生していることを確認


③ IFERROR関数を使い、文字列、空白の値を返す。
1) 文字列を返す


 [結果]


2) 空白を返す



 [結果]


関連する関数

・IF      論理式の条件で、処理を分岐させる
・AND    複数の条件すべてが満たされているかを確認する

・OR      どれか一つでも条件が満たされているかを確認する
・NOT    ~でないことを確認する